前脊髄動脈症候群

●脊髄の動脈
前脊髄動脈:脊髄の前3分の2を養う1本の動脈、左右の前角、錐体路、温痛覚、痛覚を養う
後脊髄動脈:脊髄の後ろ3分の1を養う2本の動脈、後角、後索を養う
これらの血管は、脳の血管に比べると細く、動脈硬化をあまり起こさないため、血行性障害の発生率は脳よりはるかに低い。
●原因と症状
・脊髄軟化
梅毒などによる動脈炎、髄膜炎後の癒着、脊椎骨折による圧迫、動脈硬化症などによって、脊髄血管の内腔が閉塞してしまったり、解離性大動脈瘤などによって大動脈の血液が脊髄血管に流れてこなくなってしまう場合などに起こる。
・脊髄出血
脊椎外傷が多いが、先天的な脊髄血管の奇形、脊髄の動脈瘤破裂が原因となることもある。
●前脊髄動脈症候群
前脊髄動脈の閉塞により、急激に下肢の対麻痺・障害レベル以下の解離性感覚障害(触覚はわかるが、痛覚と温度覚が障害)・膀胱直腸障害を呈する。背部痛を伴うことがある。
●後脊髄動脈症候群
後脊髄動脈症候群は、前脊髄症候群の1/10程度の頻度で少ない。
病巣部以下の深部感覚優位の障害、深部反射の低下/消失、膀胱直腸障害が起こる。
●検査
血液検査:凝固能、梅毒、HTLV-1、炎症所見など
胸腹部造影CT:解離性大動脈瘤の検索
脊髄造影MRI:T1、T2、脂肪抑制T2、可能ならDWI、Dural AVMとの鑑別のため造影T1も
●排尿障害に対する治療
1)膀胱に尿を貯めることができないタイプに対して、膀胱の蓄尿能を高めるためにポラキス、バップフォーを使う。
2)膀胱の尿を排出できないタイプに対して、膀胱の収縮力を高めるウブレチド、または尿道括約筋の圧を低下させるエブランチルなどを使用する。
両方に対し、尿道カテーテル留置、間欠自己導尿で対応する。
●急性期に対する治療
ステロイドパルス両方、高圧酸素療法等を行う。
神経内科ケース・スタディ―病変部位決定の仕方/新興医学出版社

¥3,150
Amazon.co.jp
神経内科ハンドブック 第4版―鑑別診療と治療/医学書院

¥14,175
Amazon.co.jp

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク